革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

節税効果というメリット メリット

ビル

不動産投資でいう節税について

不動産投資で得られるのは家賃収入だけではなく、所得税、相続税の節税効果というメリットがあると言われていますが、何事にも、必ずデメリットがありますよね。 不動産投資のデメリットとしては、まず、投資額が大きくなるというリスク。 株などは、小額投資も可能ですが、不動産投資は、「千万円単位」が必要で、ローンを組んで不動産投資資金を用意できたとしても、リスクは高くなりますよね。

少額投資について投資

ビル

最近では、小口化不動産投資、不動産投資信託のように、比較的小額から投資できる仕組みもあり、激安不動産投資ならば、必要な金額は「百万円単位」で済むようです。 次に、家賃滞納・空室率の上昇のリスクです。 不動産を所有しても、入居者がいなかったり、家賃を滞納されたりでは、収入になりませんし、管理会社の管理状態が悪くて、空室率が高いこともあるようです。 賃貸滞納や空室率の対策としても保険もありますが、一時しのぎで、根本的な解決にはならないようです。

節税関連ワードキーワード

ほほえむ女性

eco・環境事業

今人気のエコ事業についても節税の効果が大きくでるものもあります。エコ事業者の優遇措置などもあるので積極的に取り組むことも良いことです。

葉っぱ

株について

株だと「売りたい」と思ったら、すぐに売ることができるのがリスク軽減のメリットと考えることもできるでしょう。

ほほえむ女性

不動産投資について

不動産投資は、すぐに売ることができないということで、不動産投資すると、長い付き合いになることが多く、やり直しができないリスクがあります。

髪を掻き上げる女性

最後に

このようなデメリットも考えたうえで、納得した不動産投資や株、FXなどを行うことが出来たらいいですよね。そして節税につなげることが楽しみにつながるといいですね。


相互リンク:SEOリンク/内職 アルバイト/子供の視力回復なら

おすすめサイト:

オンライン英会話

・最近ⅭⅯで話題のネットの借り入れ情報満載!最新金融情報はこちらがおすすめです。


◆市民税+県民税は分割出来る◆

お金がない時に市民税+県民税は支払うのが厳しいですよね。 そんな時は役所に相談すると分割払いに対応してくれるので覚えておくと便利ですよ。
私はフリーランスへ転職した当時にとにかく収入が以前に比べてかなり落ちてしまい、月々の市県民税を支払えない状況でした。
この時は分割出来ることを知らなかったので、普通に滞納しました。市県民税を滞納すると催促がやってくるわけですよ。払うお金がない状態でも、役所へ連絡を取らざる終えない状況になり、役所で市県民税の支払いについて相談することになりました。ここで分割払いが出来る事を知ったわけですが、私は約10万円ほど滞納しており、これを分割で支払うことにしました。
いくらの分割に対応してくれたのかというと、何と月々1000円です。本当に収入がやばくてお金がないことを理解してもらえたからだと思いますが、10万の滞納金を月々1000円で了承してくれました。これとは別に新規に発生する市県民税は頑張って払ってくださいという事でしたが、それでもかなり助かりましたよ。
分割で滞納している税金をどうやって支払うのかというと、私の場合はコンビニ払いです。
分割で決まった1000円の支払い書が納期分送られてきて、それを期限までに支払うという形でした。こうして一年が経つと、残っている滞納金をどうするのかまた相談します。
結局、私はかれこれ3年ほど市県民税の滞納金を分割してもらいました。最初の2年間はずっと1000円です。最初は仕方がないとしても、2年目からは役所の人も結構渋ってきましたね。月々5000円は払えませんか?4000円ならどうですか?と言った感じで分割の値段の交渉をします。私は払えないので2年間ずっと1000円で役所は納得してくれました。3年目からは収入も安定してきたので、残っている滞納金は全て支払うことが出来ました。市県民税を滞納すると延滞金がかかるのですが、私の場合は延滞金ゼロ円で月々1000円という内容で了承してもらえたので、本当に役所に感謝してます。

色々とネットで市県民税の分割について情報を調べると、かなり地域差があるようです。
人によっては分割払いでも自分の希望額が通らなかったという人もいるようですし、本当にそれぞれの個人の収入の状況や役所の対応によって差があるのだと思います。市県民税を払えない時にキャッシング等からお金を借りる前に一度は役所で分割払いの交渉をしてみるのが良いですよ。利息を考えても分割払いをしてもらう方が安く付きます。


◆生きていけば避けることはできない税金の納税◆

普通に学校へ行き、普通に会社に就職をするという世間一般のルートに入っていると避ける事ができないのが税金です。
勿論法律上全員が必ず入らなくてはいけない税金も多数あるのですが、今回はそんな中でも結構普通のサラリーマンにとっても痛い社会保険について書きたいと思います。
社会保険というのは会社等に入ると自然に給料から天引きされているのであまり興味を持つ人はいないかもしれませんが、私は最初に引かれて時に感じたのが、社会保険は絶対加入しておいた方が良い。
自分で払うよりもお得だからと聞いた事が沢山あったのですが、実際に給料明細を見てみると、正直自分で国民健康保険や国民年金を払っているのと大した金額の違いがないというのに気がつきました。
なので何がお得なのだろうと調べてみました所、このお得というのは何種類か意味がありその種類が、これは払っている時よりも貰う時に得をするという意味なのです。

社会保険というのは自分の給料明細に書かれている金額だけを払っているのではなく、どれと同様の金額を会社も一緒に払ってくれているのです。
なので国民年金と自分が払っている金額が一緒だった場合は会社が払ってくれている分を合わせるとそこでもう国民年金の二倍払っているという事になります。なので多く払っている分は当然自分の所に返ってくる時も多くなって返ってきます。
出費は一緒なのに貰う金額は大きな差がついているのです。それが社会保険に入れるという事の大きなメリットであるといえます。
そしてこれは給料が上がれば上がるほど支払う社会保険料も多くなります。なので給料をそれなりに貰っている方なんかは国民年金の倍額、厚生年金等で引かれている方も沢山いらっしゃいます。が払っている厚生年金が倍という事は会社が払ってくれている分を合わせると何と国民健康保険の四倍も払っているという事になります。
なので当然老後に貰えるお金も多くなります。これは本当に強い所です。自分のお金じゃないのに自分が払ったかのような恩赦が得られるという社会保険は必ず加入するべき保険だと思います。

そしてもう一点お得なのが、家庭がある方です。何がお得かといいますとその家族が扶養に入っている場合はその扶養されている方は年金の支払い等が免除となるのです。
しかもただの免除では無く厚生年金とまではいきませんが、国民年金分の年金を払った事にしてくる免除なのです。
なので自分は一銭も出さなくても、年金を払った事にしてくれて老後にしっかりと年金を貰う事ができるのです。
なので単純に15000円前後の国民年金が無料で払った事になっているのです。

働いている人を支えている、これから働く人になる為の準備期間等が理由とされて扶養控除というものが存在します。
これらの恩赦も社会保険ならではのメリットなので、家族がいる方にはもう必須な保険だと思います。


◆あなたが所得税を払わなければならない理由◆

日本にはお金を稼ぐと税金を納めなければならない所得税という税金があります。
しかもこの所得税は累進課税という制度になっていて、現在の税率だと課税所得が195万円以下で5%、330万円以下だと10%、695万円以下だと20%と段階的に上がっていき、一番高いと1,800万円以上の40%にまで税率が上がってしまいます。
所得税は稼ぐ金額が増えるほど多くの税金を納めなければならないという、何とも働く意欲を低下させるような仕組みとなっているのです。それでは何故、私たちはこんなに多くの所得税を払わなければならないのでしょうか。

所得税には「所得の再分配」という重要な役割があります。所得の再分配とは、様々な経済活動により偏ってしまったお金を、なるべく元に戻そうとするものです。この偏りを是正しないと生活できない人が出てきてしまいます。その為、所得の高い人には高い税率をかけて国が徴収し、所得の低くい人たちに社会保障として給付しているのです。

それでは、なぜ稼げる人が稼げない人の面倒を見なければならないのか。こう考える人は少なくないと思います。しかし、稼いだお金の一部は税金として社会に還元する義務があるのです。
現代社会は能力主義がベースとなっています。基本的に社会に必要とされる能力の高い人に高い賃金が支払われます。これは経営者でも同じで、より優秀な人に高い報酬が支払われます。
これは非常に公平な仕組みのように見えますが、そうとは言い切れません。例えばプロ野球選手。野球で高度なプレーを観客に見せることで収入を得ています。現代社会では、その能力はとても高く評価されて、高額の収入を得ることが出来ています。しかし、同じ能力を持った人間が江戸時代に生まれていたらどうでしょう。
野球が存在しない社会では野球選手という職業やそれに関する能力は成立しません。要するに、プロ野球選手は野球に関する高度な技能を必要としてくれる社会に生まれたから高い所得が得られるのであって、野球で稼げることが全て自分の力とは言えないのです。

この様に「稼ぐ」という行為は自分の力と思いがちですが、実は社会の力も必要としているのです。商売はいくら売る側に才能があっても、買ってくれる人がいなければ成り立たないのです。もし世の中に自分一人しかいなかったら、もし自分の能力を評価してくれる社会でなかったら、どう頑張っても商売は出来ないですし、高い収入を得ることも出来ないのです。私たちは社会の中にいるからこそ稼ぐことが可能なのです。
よって、稼ぐという行為は、社会を構成している低所得者層などを含む社会全体のおかげでもあって、社会の中でお金を稼いだ人は、やはり社会に対して稼いだお金の一部を還元する義務を負っていると言えるのです。

すこし哲学的な話ですが、皆さんも税金を納める事の意味や相互扶助の必要性について考えてみてください。