田舎暮らしでも税金は変わらない

騒々しい都会の喧騒から離れて落ち着いた環境で過ごす事が出来る田舎暮らしを実現させるために毎日お仕事を続けているという方は多いかと思いますが、どんなところで暮らすとしても現代社会ではまとまったお金が必要不可欠です。

 

田舎の物価は安いなんて話も聞きますが、物価は安くても税金の額は代わらないので、毎月支払わなければならない金額は減ることはありません。

 

特に田舎暮らしを始めるにあたり田舎に新しい家を建てるなんて話になれば支払わなければならないお金はかなりの額になりますし、税金だってそれなりの額を支払う必要が出てくるでしょう。

 

だからこそ田舎暮らしを始める前にどの位の予算を用意すれば良いのか良く考えて、税金対策などもしっかり行っておかないと現地に行ったときに後悔したり困った事態が発生する事になるので田舎暮らしに憧れているという方は夢を見る前に夢を実現化させるために現実的な目線で計画を立てるようにしてください。

税金が支払えない時には変形性膝関節症でもまずは交渉を

税金とはできるだけ節約したいものではありますけど、払うものは払わなければいけないものです。
自己破産などしても実は免責されないぐらいだったりするんですよ。
それだけに節約もしなければいけない面もあるんです。

 

もしも、税金を支払うことができなくなってしまった場合、分割の交渉などに行かなければいけなくなります。
これは代理人でもでもすすめられたりもするのですが、やはり納税者自身で誠意を表すことが重要になってきます。
そうでもしなければ、相手も納得しないからなのです。
変形性膝関節症で歩けませんなどといっても、税金の徴収は収まりません。
寝たきりであっても実はそうなのです。
その場合には、必ず相談しておかなければ、大きな負担がまた増えてしまうことになるのです。

 

税金が支払えない場合には、そのままにしないことが絶対条件ではあるのですが、それは延滞金などの問題もあります。
非常に高い、町金なみの延滞金を請求されることになるからです。
分割にしてしまっても、当然かかってくるのですが、そこまではかからないような仕組みになっています。
これはもう危険だと思ったときには、説明できる資金計画を考えておき、分割の話を持っていくことが放置しておくよりも、ずっと得策の方法だったりするのです。

節税も婚活も知識や経験が大切になる。

先日税理士をやっている友人にであいまして、節税に関する情報交換を行いました。
お客様にいろいろな業種のかたがいらっしゃるようで、とても勉強になりました。

 

しかし、彼は節税はとても知識があるのですが、婚活がうまくいっていないという話を聞きました。

 

婚活が行き詰まっている人によくありがちな、婚活パーティーでの”壁の花”状態。

 

「今日もうまくいかなかった・・・」と、嘆いている人は本当にもったいないと思うのです。

 

婚活パーティーだって、立派な”パーティー”なのです。

 

本来、パーティーというものは、出かける前からワクワク、ドキドキ、楽しみなものでなくてはなりません。

 

自分がダメなのではなく、そういう”パーティとは何ぞや”という基本的なことを忘れてしまっているのがうまくいかない原因なのではないか?と、私は思います。

 

「どんな素敵な人と出会えるかしら?」「どんなおしゃれをして行こうかしら?」そんなふうに自然と楽しく思えなくてはダメなのです。
パートナー・エージェントの体験ブログなどは婚活での行動についてとても参考になりますね。ぜひいろいろネットで情報が転がっていますので、探してみてください。

 

「今日もきっとダメに違いない」「あぁ、やっぱりいい人がいなさそうだわ。」勝負が終わる前からそんなことを考えていたら、うまく行くものも行かなくなります。

 

おしゃれに着飾った男女が、幸せを掴むために、胸をときめかせながらやってきて、時に美味しい飲み物や素敵なご馳走を楽しみながら、会話に花を咲かせる・・・

 

そんな楽しい時を過ごす女性から自然にこぼれる幸せそうな笑顔に男性は惹かれるのだろうと思います。

 

婚活パーティー必勝法は、とにかくその場を楽しむことです。

楽しまないと損をします。

 

そもそも、大勢の異性と知り合って、楽しくお話しして、気が合えばまた日をかえてデートして・・・そんな面白いこと、結婚してしまったら絶対に出来なくなってしまうのですから。

 

税金対策を行いつつ田舎暮らしの醍醐味を存分に味わう。

周囲を田んぼや畑に囲まれた田舎暮らし。
都会では絶対に感じられない季節の移り変わりを、目で、耳で、においで感じることができます。

季節の移り変わり、過ぎてゆくゆっくりした時間の流れ。
きっと昔の人が自然とともに暮らしていたころと同じ地球の息吹のようなものが、田舎暮らしの醍醐味といえるでしょう。
ちょうど今の季節は、田んぼの田植えの最盛期。春先にレンゲが咲き乱れていた田んぼに、小型トラクターがはいって土を掘り起こしていたのがつい最近のことのように思えていたのに、少しすると水が引かれて、一面池のように見えたかと思うと、あっという間に緑の色が鮮やかな小さな苗でいっぱいになります。

いつの間に出てきたのか、小さなカエルたちが道路にも飛び出てくるようになって、たまにケロケロと泣く声が聞こえてきます。
そのうち苗はみるみるうちに大きくなって、稲穂をつけて、一面緑だった田んぼが黄金色に輝くことでしょう。
そして稲刈りが終わると、やがて訪れる冬。刈取りのときに残された稲の茎が土の色に戻って、霜が降る。
1年の移り変わりの中で、できた新米を頂きながら、まさに自然に感謝する生活が田舎には存在しています。
毎年毎年、同じ風景が繰り返されるのだけれど、春夏秋冬の移り変わりを肌で感じられることが、まさに田舎暮らしのメリットです。
そんな田舎での生活でも税金は日常に付きまといます。国民の三大義務として納税がありますから仕方ないですね。でも税金対策を知ることでだいぶ違うんですよ。

田舎での暮らしをお考えでしたらこちらの田舎暮らし物件情報でもいろいろと情報をえることが可能ですよ。

私のマンションに太陽光発電システム

私は賃貸マンションに住んでいます。
ある日管理会社から『太陽光発電システム導入のお知らせ』の書類が送られてきました。
しかもよくみると工事が開始されるのが1週間後との事でした。
何も知らなかったので驚きましたが、何か私たちにもメリットがあればいいなぁと思っていました。

最近は太陽光発電の話をよく耳にするようになりました。
一軒家の方などは自宅で導入されている方も多いですよね。
自宅の電気代も自ら発電した分でまかなえて、さらに余った電力は売る事もできるなんて、マンション住まいの私には羨ましい限りでした。

我がマンションに太陽光発電システムが導入されるとどうなるんだろうと思い調べて見る事にしました。
すると私が考えていたよりもマンションに太陽光発電システムを設置するには問題が多いと知りました。

そしてわがマンションの太陽光発電システムはオーナーさんが売電するために取り付けをするようで、住民にはなんもメリットもない事がわかりました。
よく考えればそうですよね。
工事の費用など何も負担していないのにすごく図々しい考えをしていました。

今は戸建の住宅のように既築のマンションに個人が所有できるような太陽光発電を設置するのは難しいようですが、もしできるようになればすごく魅力的です。

社会人(デスクワーク)をはじめてからのコレステロール値

学生の頃は特に気にしなかった(そもそも血液検査をうけていない?)コレステロール値。

社会人となり、初めての健康診断で衝撃を受けました。他全て正常値なのに、コレステロールの値だけが正常値の2倍くらいの値でした。

これまで健康優良児だと思っていた自分としてはびっくりです。
いままでに知ろうとしていなかった税金対策とおなじで初めて健康に関して、というかコレステロール値について調べました。どうして高くなるのか、どうしたら下がるのか。

おそらく今すぐ影響はないのであれば、コレステロールを下げるにはどのような改善方法があるのか色々試すことにしました。
仕事上どうしてもデスクワークのため運動不足になりがちなのは自覚があり、かといって残業続きで帰ったらクタクタ。まずは食生活から改善しようと、油ものを控えたり、肉料理を減らしたりと努力をし、翌年の健康診断を迎えました。

もちろん、正常値ではなくても、前回より下がっていることを期待していたのですが、結果はほぼ横ばい。

なれない社会人生活の上、食事するにも、出歩くにも「動かなきゃ」、「気をつけなきゃ」と常に気にしながら生活していたため、なにかにつけてイライラしていました。

あるとき、「こんなにいつも気にして生活して楽しいか?」と思い、気をつけない訳ではないのですが、楽しむ時は楽しむ、余裕があるときに気をつけて生活する、と割り切ることとしました。

入社してから数年経ちますが、今も正常値以上の値で、健康診断のたびに再検査の通知が入っていいます。

もちろん、正常値内であることが望ましいのでしょうが、それに囚われて日常がストレスだらけになるような健康もどうかと感じました。

突然来るかもしれませんが、それ以上に日常をストレスにするより、ストレスが無いように少しづつ下げていければと感じるこの頃です。

税金の相談を受けていたら銀座のクラブの話に

税金の相談中に銀座のクラブの話になりました。
しばらく、行っていないので、銀座のクラブに行きたいですね、などと盛り上がりました。

一時、働いていたことがあり、銀座のクラブではその場その場でお会計をしないことがあります。売り掛けでホステスが立て替えるわけですが、普通は月末まとめて振り込まれるようになります。

ところが景気が悪くなるとそれを踏み倒そうとする客が出てきます。もしかしたら踏み倒す気は無いのに、急に事業でトラブルに見舞われお金の工面に苦労する人もいるのかもしれません。
ある時店長に頼まれ、その回収をしたことがありました。
基本的には電話で催促するだけですが、無事払ってもらえればいくらかマージンがもらえるので、結構いいバイトです。

しかし続けると段々気がめいってきます。
お金の魅力を差し引いてもやりたくなくなってくるのです。
だいたい電話を掛けるとお客さんの言い訳や泣き言を聞かされるはめになります。

話では今月には払うとかで一旦決着するように聞こえるのですが、実際には払ってくれない人もいるわけで、また再度請求をしなければいけません。毎度毎度払ってもらえないと何となく自分がバカにされているような気分になります。
中にはお金が無いんだから払えないものは払えないよなんて開き直る人もいますので、だったら遊びに来なきゃいいでしょうに、と思うのですが、一度その面白さを覚えてしまうとお金が無くても来たくなるものなのでしょう。
結局そういう言い分を聞くのが嫌になってその仕事は断りましたが、報酬がいい仕事だっただけに少し勿体ないことをしたと振り返り思うことがあります。

電話代行のお仕事で税金対策

電話代行のお仕事の会社は求人情報でも目にあまり目にする機会がないと思います。
特に営業をやっているわけでもなさそうですし。
事務所を不在にすることが多い会社では電話代行会社にお仕事を依頼することがあるみたいです。
しかも全額返金システムの安心の電話代行もあるようですね。

会社にかかってきた電話を事務所不在にしていると転送でお願いしている電話代行会社につながる仕組みになっています。
でも私が思うに電話代行のお仕事ってかなり大変だと思うんですよね。

商品に関する問い合わせの電話代行だと商品を完全に把握してもらわないといけない。
取引先のとても大切なお客様の電話代行だと決して失礼があってはならない。
電話は相手の顔が見えないので最初の声のトーン1つで印象が決まります。
丁寧かつ、慎重に相手の伝えたいことをお聞きし、それに対応できる能力がいる仕事だと思います。
事務仕事の中で電話って1番難しいお仕事じゃないかと私は感じました。

1つ間違えると相手の方に不快感を与えてしまいますしね。
電話対応は会社の顔でもあるのではないかと思ってもいいと思います。
ですから電話代行会社を頼むときは慎重に会社選びをすることが大切ですね。
会社選びを間違えると自分の会社に不利なことがおこりえます。

電話対応の教育がしっかりできている会社を選ぶことですね。
しかも、しっかりした会社が見つかれば社員を雇うより安いくらいですから税金対策にもなりますね。

税金を節約して、レーシックの費用に!

現代は視力の悪い人がとても増えています。私も視力が良くありません。

コンタクトを付けて生活をしています。

電車に乗っていたり、町を歩いているときに、周りの人を見てみましょう。

多くの人がメガネをかけているでしょう。

もしメガネをかけていなかったとしても、私と同じ様にコンタクトレンズをしているかもしれません。

現代は、そうして視力矯正をしている人の数が膨大なのです。

視力が悪ければ、メガネやコンタクトレンズを使って、視力を矯正するしかないのですが、最近になって新たな技術が生まれたのです。

皆さん、知っていますか?それは、レーシック手術です。

目の角膜を手術によって屈折を変化させるのです。

それにより劇的に視力を回復させることができるという、非常に画期的な視力回復方法なのです。

メガネやコンタクトレンズのような矯正器具が不要ということで、このレーシック手術は多くの人が利用しているんです。

特にスポーツ選手などには人気があり、多くの野球選手やサッカー選手がこのレーシック手術を行い、視力を回復し好成績をあげているのです。

スポーツ選手以外でも一般の方もレーシック手術を選択する方が爆発的に増えています。

いままでは費用面がネックになって、なかなか手術に踏み切れない人もいましたが、最近はレーシック費用もだいぶやすくなってきており、まさに未来の視力回復法がこのレーシックであり、多くの方に支持されているのです。

私も税金を節約して、レーシックを受けてみようと思います。

 

もっと早くにやるべきだった、私はレーシックをお勧めします

小学5年生から視力が悪くなりはじめ、私と視力矯正アイテムとの付き合いは10年以上続いたわけですが、家族よりも長時間生活を共にするとはいえあまり愛着が湧くものとは言えませんでした。

メガネにすればこめかみ付近の締め付けにより頭痛がし、コンタクトにすればドライアイやお手入れの大変さにストレスを感じ、とにかく良く見える目をずっと持っていたかったと思う毎日でした。

たまに睡眠中に見る夢では、災害に遭った自分がメガネを無くしてしまい、目が見えないまま避難所を探すという怖い場面すら見る事もありました。

そんな時、周りの友人や同僚が次々とレーシック手術をして視力回復している姿を見て、最近は手ごろな金額で施術してもらえる事や本当にあっという間によく見える生活が手に入る事を聞いて、かなり興味は湧いたのですが、何しろ親不知を抜くのでさえ恐怖で震え上がりパニック状態になる私。

なかなか踏ん切りがつかず、興味津々に体験談を聞いてはブルブルガクガク怖気づく日々を過ごしていました。
が、昨年私の妹がレーシック手術を経験し、視力回復するまでを間近で見たことがきっかけで私も決心することができたのです。

私は片目の乱視がとても酷く、そちらの矯正もできるのか少し心配でしたが、今は乱視も矯正できるようで安心しました。


レーシックをしてみて、本当に素晴らしいの一言です。

メガネやコンタクトをしなければとてもじゃないけど生活する事が難しい程悪化していた私の視力がみるみる良くなり、朝起きてメガネをするという一番最初に感じるストレスから解放されました。

手術から術後、普段の生活に戻るまでもあっと言う間で、レーシックで乱視も回復し全てが明るく見えて幸せです。

もっと早くすればよかったと思う今日この頃、もしまだレーシックしていない友人が居たら必ず勧めたいです。